気軽にエコ活動をしていただくことで、その大切さをより深く知って頂くことを目的に行われている『なんばエコプロジェクト2018』の一貫として、本日南海・難波駅前広場で「打ち水セレモニー」が開催されました。

打ち水セレモニーは、毎年恒例行事として行われており、難波駅周辺の企業・団体・行政と協同で実施されています。
南地中筋商店街もイベントに参加し打ち水をして参りました。

2018_utimizu_01

今回打ち水を行う前に計測した地表温度は『46.3度』でしたが、
打ち水後は『38.0度』
8.3度地表温度を下げることが出来ました。

2018_utimizu_02

当イベントで使用されている水は、なんばパークスの飲食店などで発生した排水ですので、新しい水道水は使用しておりません。
環境にやさしい取組みを心がけています。

本イベントの最後に、2025年に大阪での開催を目指す国際博覧会誘致活動をさらに盛り上げるために横断幕を用いたフォトセッションが行われました。

2018_utimizu_03